読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

INSTRUCTION

ガジェット,写真,WEBサービスなどの情報を発信していきます!

水筒を買い換えた「RicoRicダブルステンレスボトル 500ml」

マイボトルを持とう!!

約1年ぶりに水筒を買い換えました。

 

  • お茶1本(150円)×20日=3000円

 

 
 水筒は大抵¥3000程度しますが、上記のように平日に毎日ペットボトルのお茶を自動販売機で購入した場合、1ヶ月もあれば元を取ることができます。1年使用すれば36000円の節約に繋がるはずです。厳密に言えば水道代やお茶のパック代と手間がかかります。ただ、チリも積もれば大金になりますので、今年の抱負に「貯金」や「節約」を掲げた人はこういった小さなことから進めていくのもいいかと思います。
 最近はサラリーマンもマイボトルを持つ人が増えてきたと言いますし。私が大学に行く際には必ず水筒を持って行きます。

 

 

 

買い換えたわけ

 約1年使用したのは「mosh!」と言われるスクリュー式で直飲みするタイプの水筒です。500mlですので、夏でなければ1日持つ適量だと思います。
ちなみに私が好きで選んでいる色は「シルバー」です。傷ついても剥げることはないですし、無骨な雰囲気をかもし出すのでカッコイイデショ!?
肝心の買い書いた訳ですが、蓋の内側がプラスチックになっている部分が割れた影響(落とした)で漏れるようになったため購入に踏み切りました。

 

 これが約1年使用したやつ

 

 新しいタイプも出ていたようです。
容量はだダウンしましたがお値打ちになっています。

 

 

新しい水筒「RicoRich」

 新調した水筒は「RicoRich スポーツボトル 真空断熱 ダブルステンレスボトル (500ml)」です。
amazonのタイムセールに出ていたのをたまたま見つけて一目ぼれしてしまい¥1744でゲットしました。先代のmosh!やサーモス,象印などの水筒は大抵¥3000円程度するのですが、タイムセールでなくても¥2180(16/2/5現在)ですのでかなりお買い得だと思います。

 

 購入したのはコレです。RicoRichシリーズとしていくつか出ています。

 

f:id:mako2161:20170206145423j:plain

箱はこんな感じ

 

f:id:mako2161:20170206145548j:plain

先代との比較
背が低くなって少し太りました

 

f:id:mako2161:20170206150132j:plain

旧:蓋の内側がプラスチック(コレにひびが入った)
新:パッキンがある以外すべてステンレス

 

f:id:mako2161:20170206150557j:plain

並びが逆になりますが、左が新・右が旧
口が広くなりました

 

f:id:mako2161:20170206150939j:plain

蓋に取っ手がついていてなんだかパズーが持っていたシチュー?の入れ物に煮ている気がする。

 

 

まとめ

  新しい水筒概ね満足しています。

 

  • 蓋が広い
  • 洗いやすい
  • 氷が蓋で引っかからない
  • もうひび割れる要素がない

 

 上記が私が買い換えて良いなと思った点です。飲み口が大きく、そして蓋がプラスチックでない点につきます。
 先細りの水筒だと他の人と被らなくてカッコイイと思って買いました。これからmosh!」のような先細りの水筒を買い方は注意が必要です。

 

  • 洗い辛い
  • 氷が入らないため冷水を作って入れる必要がある
  • 蓋の溝が洗い辛い

 

 確かに先が細い水筒は飲みやすいですし、カッコイイのですが上記の点は毎日使う上でフラストレーションが溜まります。3つ目はmosh!」限定だと思いますが、蓋の溝、奥まった部分にはスポンジが入らないので洗いづらいのです。

 

最後は「mosh!」をディスってしましましたけれどもカッコイイですし、意外とリアル店舗で置いているお店も多くなったので見てみて下さい。

 

 

読んでいただきありがとうございます
ではまた。